ドライタイプのドッグフード

愛犬にはきちんとしたカロリーのドッグフードをあげて、あまり肥満になりすぎないように健康に注意していった方がいいでしょう
愛犬の肥満のほとんどは食べ過ぎに原因があります。
通常、犬は食欲にまかせて、好きな物だといくらでも食べてしまいます。
だからこそ、飼い主がきちんとカロリーコントロールをしてあげる事がたいせつです。

そこで肥満にさせないための正しい食事の与え方とともに、太りすぎの犬を無理なく、確実にダイエットさせるためのプログラムの立て方なども
併せてご紹介します。

愛犬の肥満を防ぐうえで、いちばんのポイントになるのは食事量の問題です。
愛犬が必要とする食事量に対して、量が多すぎれば太りすぎになってしまいますし、少なければ痩せてきてしまうのは人間も犬も一緒です。
でもいったい、どれくらいの量を食べさせたらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

1日に必要な摂取カロリーは体重や年齢によって違ってきます。
そこでまずは愛犬に与えるべき1日のカロリーを正確に把握する事から始めましょう。
同じカロリーでもドッグフードの種類によってボリュームも異なります。

ドライタイプのドッグフードは、1粒に栄養が凝縮されているので、意外とコンパクトです。
一般的なドッグフードに含まれる栄養素はこちらをご覧ください。
ウエットタイプのフードもドライタイプのドッグフードと大差はほとんどありません。
これに対し多く見えるのが手作りの御飯です。
犬は視覚的な刺激にも弱いので、ボリューム面で比較すれば手作りの御飯がもっとも満足度は高いでしょう。

ブランドによって多少の違いはありますが、ドライタイプのペットフードは
1粒1粒が同じような大きさなので、けっこうコンパクトな量にまとまります。
ドッグフードをあげる量も犬の大きさによってかなり違ってきます。

大型犬と小型犬が体重を維持するのに必要とする1日の食事の量には格段の差があります。
頭ではわかっていても、実際に目で見るとその量の違いに驚かされると思います。
何気なくあげているおやつも小型犬にとっては、軽く1日分のカロリーになるとういこともこれで理解できるのではないでしょうか。